社会人にとって名刺はビジネスで欠かすことの出来ないもので、ビジネスチャンスを掴むためにも記憶に残りやすいデザインで名刺作成をすることが重要となります。デザインにこだわりすぎると、かえって見にくい名刺になってしまうため、作成するときは見やすいものを作るように心がけましょう。名刺をデザインするときに色使いにこだわる方も多いと思いますが、様々な色を使用しカラフルな名刺を作成するのもいいですが、名刺の文字は自分をアピールする重要な存在のため相手が見やすい色で作成するようにしましょう。文字にすると見にくい色があるため、デザインを決めたら1度第三者に確認してもらい、見やすさをチェックしてもらうといいでしょう。自分のこだわりも大切ですが、相手に渡すものということを忘れないように作成することが大切です。

情報を詰め込みすぎないようにする

名刺作成で気をつけたい事として、情報を詰め込みすぎないということがあります。名刺には住所や名前、役職や電話番号といった多くの項目がありますがこれらを全て名刺に記載すると後ごちゃごちゃして見にくい名刺になる可能性があります。名前と連絡先という最低限のものは忘れないように記載し、残りの項目は全体のバランスを見て考えると良いでしょう。ビジネスチャンスを広げるためにSNSのアカウントを記載する方もいると思いますが、相手がSNSに抵抗がある場合は逆効果になる可能性があるため注意しましょう。また、文字のみで全てを埋めようとすると見にくい名刺になるため、適度に余白を残すことが大切です。余白で記載事項が減ったとしてもスッキリして見やすい名刺は人の目にとまりやすく、ビジネスチャンスも増える可能性があります。

保管しやすいように一般のものと同じサイズで

名刺作成で他の人と差を付けようとデザインにこだわって作成するのはいいですが、多くの人が名刺を名刺入れで保管するため名刺入れに入らないサイズのものは保管が難しく、相手の目にとまる機会が減少してしまう可能性があります。そのため作成するときは名刺入れで保管がしやすいように、一般の名刺と同じサイズで作成するのが良いでしょう。サイズは同じでもデザインや素材にこだわることで、他の名刺を十分差をつけることが出来ます。多くの名刺は、名刺の標準紙と呼ばれる用紙を使用していますが、プラスチックなどの素材でも名刺は作成可能です。また、より相手が保管しやすくするため作成するときに防水などのコーティングをするのもいいでしょう。素材にこだわることで名刺を渡すときに相手に印象付けることが出来ます。