ビジネスの必須アイテムともいえる名刺は、使う人自身を表わすと言っても過言でないほど重要なアイテムです。大手企業では会社が一括発注して社員に配布する場合が殆どですが、これからビジネスを大きくしたい人、知名度を上げたい人にとっては、自己PRの絶好のチャンスと捉えることが出来ます。名刺作成をする際にまずしなければならないのが、記載する情報の洗い出しです。名刺は貰った後に名刺入れに収納して保存し、必要な時にコンタクトを取りたい相手の情報を知るために利用されることが殆どです。そのためその時に相手が欲しい情報が記載されていないと利用価値が下がることになりかねません。またビジネスマンは大量の名刺をもらうので、自分との対面シーンや顔などを思い出してもらえるような印象的な名刺を使う方が有効な場合があります。

プロに頼むか自作するかを考えましょう

名刺作成をする方法は大きく2種類あり業者に依頼するか自作するかをまず決めましょう。自作するとデザインや印刷などに手間がかかり本来の仕事が進みません。特に作成枚数が大量の場合では、業者に依頼した方がコストパフォーマンスも良い場合があります。自分のオリジナル名刺を作りたい場合には既存のソフトを使っても十分作れますし、名刺専用紙を購入することでその紙に対応した無料の専用アプリを使うことが出来るサービスもあります。また名刺専用の機械も販売されています。ご自分のケースにあった方法を選ぶと良いでしょう。業者に依頼する際には、名刺に記載すべき情報の洗い出しと、名刺によってどんな自己PRを目指すのかコンセプトの決定をしなくてはなりません。必要最低限の名刺を使っている方もいますが、その名刺でどんなことが出来るのか想像力を働かせて最善の方法を選ぶことが重要です。

印象に残るオシャレな名刺が広まっています

名刺の標準サイズは55×91mmですが、近年その大きさにこだわらないバラエティーに富んだ名刺を使う人が増えてきています。大きいサイズや小型サイズのものはもちろん丸型やひし形のもの、素材も紙だけではなく透明なプラスチック製や木製、コルク製など様々なものがあります。名刺にデコレートしたり2枚折りになっているものなど様々です。問題は一般的に名刺ホルダーにいれて保管する人が未だ多い中、ホルダーに収納出来ない名刺の扱いです。ホルダー入らない名刺をもらった時、情報だけ書き写して記録するか忙しければ放置したり破棄してしまうこともあるでしょう。貰った人のことも考える必要があるのです。自分の名刺を渡した後、どのように利用されるかを考えて名刺作成する必要があります。