名刺はビジネスシーンをサポートする最も大切な営業用ツールのひとつですが、ひと昔前までは専門の業者に依頼して作成するにも、それなりの費用がかかるものでした。また、印刷様式も費用の高さから一色刷りや二色刷りが一般的で、現在のような格安価格でフルカラーのオリジナル名刺が簡単に作れる日が来るとは、誰もが想像していなかったに違いありません。そのため、自費で名刺作成をおこなわなければならない企業に属している社員の方の中には、少しでも安い印刷業者を探すのに苦労した覚えがある方もいらっしゃることでしょう。それが今ではインターネット検索ひとつで多くの専門業者を見つけ出すことができるのですから、良い世の中になったものですね。ここでは、すっかり身近になったオリジナル名刺をなるべく低価格で作る方法をまとめていきましょう。

オンデマンド印刷の専門業者を利用しよう

インターネットで「名刺作成」という言葉を検索してみると、驚くべき数の専門業者がヒットします。それぞれの会社によってセールスポイントは違いますが、何よりも安さにポイントを絞るなら、オンデマンド印刷を手掛けている業者がおすすめです。オンデマンドとは、従来の製版を必要とする印刷方式とは違い、高性能レーザープリンターを使用した印刷方法で、版を作る手間がかからないことから低価格・短納期が最大の売りとなっています。技術が進歩した現代では、オフセット印刷と比してもほとんど遜色のない出来栄えの名刺になりますから、お安く作りたいなら業者提供のお得なテンプレートを使用し、この方式で印刷するのが良いでしょう。中には、100枚フルカラーの名刺がワンコイン程度で作成できるサービスもあります。格安名刺で検索して、少しでもコストパフォーマンスの良い名刺を作ってみましょう。

特殊な仕様は自作で経費を節減する

ベースになる印刷価格が安い専門業者でも、例えば特殊な紙や特殊な加工を施した場合は、オプション料金が加算され、最終的にかなりの割高になってしまうケースがあります。自分だけの個性を追求し、インパクトのある名刺をどうしても低価格で作成したいなら、パソコンを使用して自作してみるのも良いでしょう。現代は、写真や画像素材、名刺作成の専用アプリが無料で手に入る時代です。それらを使用して完全オリジナルのオシャレなデザイン名刺を作成し、特殊紙なども安価な通販で注文してプリンターで印刷すれば、特殊加工を業者に依頼するより安価で作れるものもあります。雑貨用の切り抜き用具やラッピング用品、スタンプなどを使えば、オプション加工にも劣らない個性を演出することも可能でしょう。ただし、特殊紙の中には通常のプリンターインクが対応できないものもあります。選定の際はそういったことをお店に確認し、利用するようにしてください。