近頃は、加速する経費節減傾向から、営業用のツールなどは個人負担でおこなわなければならないという企業が増えてきました。それは大切なビジネスツールとして古くから文化に溶け込んでいる名刺も例外ではなく、毎回できるだけ安い業者を探すのに四苦八苦されている方も少なくないことでしょう。しかし、歴戦のビジネスマンなら名刺作成おけるセオリーも何となく理解しているに違いありませんが、新社会人の方や、新規事業を立ち上げる方の中には、いざ初めてオリジナルの名刺を作ろうと思っても、どんな切り口でデザインを選べばいいか解らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずは簡単な名刺作成におけるコツを知ることから始め、お客様に好印象を与えるデザインにつなげてゆきましょう。

市場のニーズを理解するところから始めよう

個人・法人に関わらず、ビジネスツールである名刺を作成しようとするときは、必ずその名刺が必要となる個人・企業が属している業界というものがあるはずです。例えば居酒屋の店長であれば飲食店業、弁護士の方であれば士業、ホテルのフロントであればサービス業というように、おおまかな分類ができます。名刺を作る際は、まず自分が所属している業界が、自分にどのような役割を求めているかを考えれば自ずとコンセプトが見えてきます。お客様が何を求めているかを考えなければならないのは、商品生産や広告、商業デザインにも求められる視点ですね。例えば安全性を求められる職業なら安心感を与える青をテーマに、高級感が大切な職種であれば金色の箔押しやラグジュアリーな素材を使うなど、様々な手段を講じることができます。第三者視点を持つことは、全てのデザインに通じるコツでもありますから、常にこの感覚を持つように心がけることが大切です。

逆説的に「やってはいけないこと」を消去してゆく

前述したように、それぞれのカテゴリを考えたデザインで名刺作成をするのは大切なことですが、全ての業界に通じるデザインのコツとしては、まず「やってはいけないこと」を考えておくということです。名刺というものは、本来企業や個人のデータを記載することによって、紙一枚で簡単な自己紹介が済ませられること、今後の取引やビジネスのチャンスに繋げてゆくことなどが主な役割になりますが、この際、個性を追求するあまりに可読性が完全に損なわれているフォントや、表現に偽りのある顔写真、無断転載の版権画像などが使用されていたら、お客様にはどのような印象を与えるでしょうか。そこまで顕著でなくても、お客様にはあまり良い印象を与えないデザインというものは存在します。デザインというものは、TPOやニーズを考えなければならないという点においては、洋服選びに通じるものがありますね。職場に着ていく服や、お店で使う制服を選ぶように、まずは「ダメなこと」を箇条書きにしてコンセプトをまとめると、失敗しない名刺の作り方がより明確に見えてくることでしょう。

CDジャケット印刷は自然検索でずっと1位をキープ。種類も豊富で、激安短納期に対応します。 CDジャケット印刷などのジャケット系に強い。 WordやExcelなどのMicrosoftOffice系のソフトの印刷用データ変換も無料で対応。 入稿データのチェックが丁寧で速い。お客様に対して電話・メールのレスポンスが速い。 簡単なデータの修正なら無料でデータ修正を行うサービスを行っている。 少部数・短納期対応な名刺印刷はプレス・トーワダイレクト